初期脱毛は怖くない!初期脱毛の仕組みと対処法とは?

疑問

今回は「初期脱毛」の仕組みや対処法をお伝えしていきます。

今回このテーマを選んだのはAGA治療を調べたり検討していると必ず「初期脱毛」と言うフレーズを聞く機会があるからです。

私もAGA治療する前は

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

毛を生やそうとして薬を飲んでるのに逆に毛が抜けるなんて…

こわっ(汗)((((;゚Д゚))))ガクブル

と思ってました。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

「初期脱毛」はAGA治療薬の副作用だと思っている人が多いみたいだよね。

この様な誤解や勘違いが無い様に初期脱毛が起こる仕組みや、初期脱毛が起こった時の対処法などを詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

毛周期とAGA発症の仕組み

まず初期脱毛の仕組みをお伝えする前に髪の毛の生え変わる毛周期や、AGAを発症する仕組みを確認しておきましょう。

髪の毛の生え変わる毛周期

一般的に健康な男性の髪の毛は約10万本生えていると言われていますが、これらの髪の毛はずっと生えっぱなしという訳ではなく常に生えたり抜けたりを繰り返しています。

この毛が生えてから抜けるまでのサイクルの事を「毛周期」(ヘアサイクル)と言います。

毛周期

「成長期」は毛根にある毛母細胞が活発に細胞分裂し髪の毛が成長する時期、「退行期」は毛母細胞の働きが弱くなって髪の毛の成長が止まる時期、そして「休止期」は寿命を終えた毛が抜けたり次の毛が生える準備をする時期です。

AGAを発症する仕組み

男性ホルモンは主に睾丸から分泌されていて「テストステロン」と言われています。

この「テストステロン」が血液を通して体中を巡るなかで頭皮に存在する「5αリダクターゼ」と言う酵素と結びつき、より強力な男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化します。

このDHTへの変換が活性化されると毛根の毛乳頭にある「男性ホルモンレセプター」と結合して脱毛因子「TGF-β」を増やし、髪の毛の成長サイクルを乱れさせます。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

「レセプター」とは受容体と言う意味なんですが、この受容体の感受性が高いと男性ホルモンの影響を受けやすく、感受性が低いと男性ホルモンの影響を受けにくいです。

つまり感受性が高い「レセプター」を持っていると男性ホルモンの影響を受けて薄毛になりやすいという事なんです。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

そしてこの「レセプター」の感受性が高いか低いかは「遺伝」によるところが大きく、これが「薄毛は遺伝」と言われるゆえんなんですね。

脱毛因子「TGF-β」が増える事で髪の毛が太く硬くなる成長を妨げ、細く短い毛のうちに抜けてしまうAGAの症状が進行してしまいます。

初期脱毛が起こる仕組み

では次に初期脱毛が起こる原因ですが、これはズバリ「ミノキシジルタブレット」です。

AGA治療で使われる他の薬には「フィナステリド」「デュタステリド」「ミノキシジル外用薬」がありますが、これらでは初期脱毛は起こりません。

そして初期脱毛が起こる期間は大体1~2か月ぐらいと言われていますが、かなり個人差があるので一概に言えません。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

もっと言えばミノキシジルタブレットを飲んでも、初期脱毛が起こる人と起こらない人もいます。

この辺の事も「何故なのか?」という事を詳しくお伝えしていきます。

初期脱毛のメカニズム

先程お話したヘアサイクルを思い出していただきたいんですが、「成長期」→「退行期」→「休止期」と進んでいく中で注目すべきは「休止期」です。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

退行期で髪の毛の成長が止まるとスグに抜けてしまう訳ではなく、大体2~3か月は髪の毛が毛根に留まっています。

そして毛根の中では次の新しい髪の毛を生やす準備をしています。

毛根の奥の方にある「毛包幹細胞」と言う所で新しい毛母細胞を作り出し、どんどん細胞分裂を繰り返しながら新たな髪の毛を成長させていきます。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

そして2~3か月経つ頃にはその新しい髪の毛の準備が整って、下からせり上がってくる事で古い髪の毛を押し出して髪の毛が抜けるんですね。

この古い髪の毛が新しい髪の毛に生え変わる一連の流れが「脱毛」です。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは毛母細胞の細胞分裂を活性化させる効果があるので、新しい髪の毛が生えるスピードを加速させてくれます。

ですから新しい髪の毛が古い髪の毛を押し出す「脱毛」までのスピードを速くすると言うのが初期脱毛です。

言い換えればミノキシジルタブレットの効果がちゃんと表れている証拠とも言えます。

休止期の毛は約10万本生えている髪の毛の内1~2割程と言われていますので、1~2万本の髪の毛が抜けやすくなるという事になります。

少量だったとしても髪の毛が抜けるとなると不安になると思いますが、初期脱毛で髪の毛が抜けるという事は次に生えてくる新しい毛の準備が整ったという事ですので心配する事はありません。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

この仕組みが分かると「内服薬」で初期脱毛が起こって「外用薬」で初期脱毛が起こらない理由も分かりやすいと思います。

内服薬は腸で吸収されて血液によって全身に運ばれるので全身に作用しますが、外用薬の場合は薄毛が発症している部分にしか塗らないので作用するエリアが限定的です。

髪の毛全体に作用する内服薬の方が抜け毛の量が多くなるのは簡単に想像できると思います。

外用薬を塗っている部分はAGAによって短く細い毛なので、仮に初期脱毛で抜けたとしても気付けない事が多いんだと思います。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

って事は初期脱毛が起こる人はミノキシジルの効きやすい人って事なんですね。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

その通りで初期脱毛が起こってない人はミノキシジルが効きにくい人って事なんですね。

初期脱毛が起こった時の対処法

もしもあなたがミノキシジルタブレットを服用して初期脱毛が起こってしまった場合どうすればいいのでしょうか?

対処法としては2つ選択肢があるので順番にお伝えしていきます。

まず一つ目の対処法は帽子をかぶって隠したり「スーパーミリオンヘアー」等を使って初期脱毛の期間をやり過ごす方法です。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

初期脱毛はそれほど長い期間続くわけではないので、何とかしのげればと言う方法ですね。

二つ目の対処法としてはミノキシジルタブレットをそもそも使わないという事です。

例えばフィナステリドとミノキシジル外用薬と言う組み合わせでAGA治療している方は、ほとんど初期脱毛を感じる事なく治療できていると思います。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

ミノタブは効果は高いですが副作用の心配もあり、初期脱毛が起こる可能性もあるので心配な方は使わないと言う選択肢もアリだと思います。

まとめ:初期脱毛は怖くない!

初期脱毛に限らずですが人は「よく分からない事」には不安を感じるものです。

ですから今回の記事で初期脱毛について理解すると、AGA治療への不安が一つ減ったと思います。

私も初期脱毛の仕組みを知る前は「治療した事でこれ以上抜けたらどうしよう」とか「抜け始めたらいつまで続くんだろう?」なんて思ってました。

仕組みを知れば「初期脱毛は怖くない!」と言える事が分かったので、この記事でより多くの人にも知ってもらえたらと思っています。

コメント