【悲報】薄毛(AGA)は遺伝します。チェックすべきは母方の祖父

仕組み

皆さん薄毛(AGA)は遺伝するって話は聞いた事ありますか?

このサイトでも何度か「薄毛(AGA)は遺伝と関係があります」とお伝えしていますし「俺の親父もハゲてるから諦めてる」なんて言う方もいます。

でもちょっと待って下さい。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

あなたの父親が仮にハゲていたとしても、あなたがハゲるとは限りません。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

なんで?薄毛(AGA)は遺伝と関係あるんでしょ?

この記事では「薄毛(AGA)と遺伝」についてもう少し深堀して解説していきます。

スポンサーリンク

薄毛の仕組みをおさらい

まずそもそもの薄毛の仕組みをもう一度確認しておきましょう。

男性の中でも薄毛になる人とならない人がいますが、男性の薄毛の90%はAGAだと言われていてAGAの原因は男性ホルモンです。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

この男性ホルモンは「テストステロン」と言い、誰にでも同じ様にあるのでこの段階では薄毛になる人ならない人の差はないです。

次に「テストステロン」が「5αリダクターゼ」と言う酵素と結びつき、より強力な男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化します。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

この「ジヒドロテストステロン(DHT)」も皆がほぼ同じ様に持っているもので「悪玉ホルモン」と言われたりするヤツやね。

次に「ジヒドロテストステロン(DHT)」が毛根の毛乳頭にある「男性ホルモンレセプター」と結合して脱毛因子「TGF-β」を増やします。

この「TGF-β」が髪の成長を止めたり、髪を抜いてしまうと言う悪さをしている元凶です。

この3つ目のステップで出てきた「男性ホルモンレセプター」の感受性が高いと男性ホルモンの影響を受けやすいので薄毛になりやすく、感受性が低いと男性ホルモンの影響を受けにくいので薄毛になりにくいと言う訳です。

この「感受性が高いか?低いか?」と言う所が遺伝によって決まってくる部分なんです。

薄毛が遺伝する仕組み

ここで気になるのが「自分のレセプターは感受性が高いのか?」、要は自分に薄毛が遺伝しているのか?って事だと思います。

では次に薄毛がどの様に遺伝していくのかと言う仕組みを見ていきましょう。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

ちょっと小難しい話に聞こえますが中身は単純なのでちゃんとついてきて下さいね。

「染色体」「遺伝子」「DNA」

まず人間には「染色体」と言われる設計図があってこの設計図は親から引き継がれています。

この「染色体」にはその人の「爪の形はこんな形」とか「足の長さはこのぐらい」など色々な情報が沢山書かれています。

そして「染色体」にビッシリと書かれている沢山の文章の事を「遺伝子」と呼びます。

更にこの文章を書いている一つ一つの文字の事を「DNA」と言います。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

つまり「DNA」と言う文字で書かれた「遺伝子」と言う文章が集まった「染色体」と言う設計図によって人間は出来ているって事ですね。

薄毛の遺伝子は「X染色体」

この事から考えると「染色体」の中に書かれた「この人の「男性ホルモンレセプター」の感受性は高いですよ」と言う文章が薄毛遺伝子って事になります。

そして染色体には「染色体」と「染色体」と言う2種類の染色体があり、男性は「」女性は「XX」と言う染色体を持っています。

この2種類の「染色体」のうち、先程の「この人の「男性ホルモンレセプター」の感受性は高いですよ」と言う薄毛遺伝子は「染色体」に含まれているという事が分かっています。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

という事は自分が薄毛遺伝子を持っているかどうかは「自分の染色体は誰から引き継いだのか?」を調べれば分かるんだね。

薄毛遺伝子の受け継がれ方とは?

では薄毛遺伝子がどの様に受け継がれていくのか見ていきましょう。

遺伝1

この図はあなたの家族の染色体を表しているとします。

あなたが男性であれば「」と言う染色体を持っていますが、親の染色体を見ると母親は女性なので「XX」父親は男性なので「」と言う染色体を持っています。

染色体」は父親の一つしかありませんので100%父親から受け継がれています。

そして「染色体」は100%母親から受け継ぐという事になります。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

先程お伝えした様に薄毛遺伝子は「染色体」に含まれていますので母親から遺伝するという事になりますが、母親は女性ですので薄毛遺伝子を持っていたとしても男性ホルモン自体が少ないので男性型脱毛症は発症しないんです。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

って事は父親が薄毛かどうかは関係なくて、母方のおじいちゃんが薄毛かどうかが重要なんだね。

薄毛が遺伝する確率とは?

ではあなたの母方の祖父が薄毛だった場合にその薄毛遺伝子がどのぐらいの確率であなたに受け継がれるのかを見ていきましょう。

あなたの母親は「XX」と言う染色体を持っていますが一つは祖母から受け継ぎ、もう一つの「染色体」は祖父から引き継ぎます。

祖父は「染色体」を一つしか持っていませんので祖父の持っている「染色体」が100%母親に受け継がれる事になるんです。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

という事は祖父が薄毛遺伝子を持っていた場合、その薄毛遺伝子が含まれた「染色体」が確実に母親に引き継がれちゃうのね。

この段階であなたが薄毛遺伝子を引き継ぐ確率は最低でも50%という事になります。

更に母親のもう一つの「染色体」に薄毛遺伝子が入っているかどうかは祖母から引き継ぐ「染色体」によります。

もしこちらにも薄毛遺伝子が含まれているとなれば、あなたが薄毛遺伝子を引き継ぐ確率が75%とかどんどん100%に近付いてしまうという事です。

薄毛になる確率は100%じゃない

自分の母方の家系を辿っていけば自分にどのぐらいの確率で薄毛遺伝子が引き継がれているのかが分かるかもしれませんが、調べるのにも限界があります。

薄毛は遺伝するとしても100%の話ではありませんので、母方の祖父が薄毛でもそんなに悲観する必要はありません。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

母親が薄毛遺伝子を持っていたとしても2つの「染色体」のうち、1つは薄毛遺伝子が入っていないかもしれないですからね。

その場合はどちらの「染色体」を受け継ぐか分からないので、例えば兄弟で薄毛がいたり薄毛じゃなかったりする事があるのはそれぞれが違う「染色体」を受け継いでいるからなんです。

まとめ:薄毛の場合は早めに治療を

今回は遺伝子の話をしましたが稀にAGAクリニックに行くと「AGAの遺伝子検査」をしてみましょうと勧められる事があります。

こうした検査はほとんどがCAGリピートと呼ばれるものを利用した検査で「AGAが発症する可能性がわかる」とか「フィナステリドの効きやすさがわかる」と言われています。

でもこの検査に医学的な根拠はないと言っているドクターがいたり、その様な内容の論文が発表になっていたりするんですよね。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

それに薄毛治療がしたくてクリニックに行っているのに「将来AGAになる可能性」って言われても「もう今現在、薄くなってるんだけど!」って感じだし「フィナステリドが効きにくいかも」って言われたってAGA治療するにはフィナステリド飲むしかないんですよね。

だったら数万円もお金をかけて検査するよりも、そのお金を薬代に充てた方がよっぽど有効だと思います。

ちょっと小難しい話でしたが最後まで読んで頂いて有難うございました。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

じゃあなたの母方のおじいちゃんの髪をチェックしてみましょう。

コメント