【医療脱毛】レーザー脱毛機の種類・脱毛方式・効果を徹底比較

仕組み

クリニックで施術される医療脱毛はレーザー脱毛とも言われていて、メンズサロンなどで使われている光脱毛とは違う機器を使っています。

医療用レーザーは照射出力が強く毛根を破壊する事ができるので半永久的に脱毛をする事ができます。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

でもレーザー脱毛と一言で言っても使われている機器には色々な種類があり脱毛効果にも差があるようです。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

効果に差があるんだったらどんな違いがあるのか知っておきたいよね。

今回は一般的なクリニックでよく使われている4種類の脱毛機を比較していきます。

スポンサーリンク

2種類の脱毛方式

まず現在クリニックで使われているレーザー脱毛機は大きく分けて2種類あって「熱破壊式」と「蓄熱式」があります。

以前からある主流の方式が熱破壊式で最近新しく出てきたのが蓄熱式の脱毛機です。

脱毛する際の仕組みも違うのでそれぞれの特徴を見ていきましょう。

熱破壊式

まずは従来からある熱破壊式脱毛機です。

熱破壊式の場合は毛の黒い色素(メラニン)に反応する波長のレーザーが用いられていて、肌の表面に照射する事で毛の黒い色に反応して熱を生み出します。

この熱が毛の毛根を破壊する事で脱毛が実現できるんです。

コチラの記事にも詳しくまとめています。

レーザー脱毛の仕組みとは?なぜレーザーを当てると毛が抜けるのか
レーザー脱毛ってスゴイですよね。光を当てると毛が抜けて更に暫くは毛が生えてこないんですよ。レーザーで脱毛する仕組みを知るには、まず毛が生える仕組みを知るところから始めた方が良いと思いますのでこの記事では脱毛の基本の部分をお伝えしていきます。

蓄熱式

続いて蓄熱式の脱毛機を見ていきましょう。

これまでは毛根の毛母細胞が破壊されないと永久脱毛はできないと考えられていましたが、最近は毛母細胞へ毛を生やす為の栄養を与えている「バルジ領域」にダメージを与える事でも永久脱毛が可能という事が分かってきました。

毛根

熱破壊式の脱毛機は毛乳頭や毛母細胞と一緒にバルジ領域も破壊する仕組みなのでちゃんと永久脱毛ができます。

一方で蓄熱式の脱毛機の場合は毛根よりも浅い位置にあるバルジ領域のみをターゲットにしているので、比較的弱い力でじわじわと熱を与えて脱毛する事ができて痛みが少ないのが特徴です。

この様に今までの熱破壊式の脱毛機とは照射方法が違うので、バチっと言うレーザー脱毛機特有の痛みが苦手な方にも人気の脱毛機です。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

痛くないのは嬉しいよね。

脱毛機の種類

脱毛機の方式が2種類ある事をお伝えしてきましたが具体的にはどの様な脱毛機があるのでしょうか?

それぞれの方式の脱毛機を見ていきましょう。

熱破壊式:アレキサンドライトレーザー

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

まずは医療脱毛で今現在最も多く採用されていて実績も十分のアレキサンドライトレーザーを見ていきましょう。

メラニンに反応して毛乳頭などを破壊する事で脱毛していくので日焼けした肌には使えない点や産毛・白髪には効果があまりありません。

ジェントルレーズプロ

宝石の「アレキサンドライト」を使用している医療レーザーで755nmの波長を出しています。

肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層からなっていますが755nmの波長は肌の真皮層まで到達しますが他の波長の長いレーザーと比べると肌への負担(痛み)は少ない方です。

ジェントルレーズのスポットサイズは(1回で照射できる面積は)円形で12mmと18mmから選べるので場所によって変える事ができますが、照射ヘッドが四角形の脱毛機に比べるとどうしても打ち漏れが起こりやすくなってしまいます。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

脱毛の副産物でニキビやシミ・シワ・くすみなどを改善する美肌効果もあるらしいぞ。

ジェントルマックスプロ

ジェントルレーズと同じ米国シネロン・キャンデラ社製の医療レーザー脱毛機のジェントルマックスプロです。

ジェントルマックスの最大の特徴は「アレキサンドライトレーザー」と「ヤグレーザー」と言う波長の違う2種類のレーザーが搭載されている所です。

ヤグレーザーは1064nmの波長でアレキサンドライトよりも深い皮下組織層の奥まで到達する事ができます。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

その為ヒゲなどの毛根がしっかりと根付いた濃く太い毛にも効果を発揮すると言うメリットと強い痛みがあると言うデメリットがあります。

クラリティツイン

コチラも先程のジェントルマックスプロと同じ様に「アレキサンドライトレーザー」と「ヤグレーザー」と言う波長の違う2種類のレーザーを搭載している脱毛機です。

更にフラットトップビームと言う世界初の技術が使われていて通常は中心部と周辺部のエネルギーレベルに差が出てしまいますが、照射面のどの部分でもエネルギーレベルが変わらずムラなく施術できる様になっています。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

スポットサイズは最大で直径20mmでちょっと大きめなので施術スピードも速いんやで。

熱破壊式:ヤグレーザー

ヤグレーザーは他のアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーと比べて1064nmとダントツで波長が長いのが特徴です。

ジェントルマックスプロ

先程のアレキサンドライトレーザーの所でもお伝えしましたがジェントルマックスプロは2種類のレーザーを搭載したハイブリット脱毛機です。

波長の長いヤグレーザーを使う事で肌の表面や浅い部分にあるメラニン色素にはほとんど反応せずに施術できるので、日焼けした肌や色素沈着のある肌でも脱毛をする事ができます。

熱破壊式:ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは半導体を利用した近赤外線の医療レーザーで波長は810nm~940nmとなっていてアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーのちょうど中間の波長になります。

ライトシェアデュエット

ライトシェアデュエットの最大の特徴は2種類のハンドピースで「HSハンドピース」と「ETハンドピース」があります。

HSハンドピースは照射面積が22×35mmと大きめで背中やお腹など面積の大きい部位の施術に向いていて、皮膚を軽く吸引しながら照射をするという他の脱毛機にはない「吸引システム」が特徴的です。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

皮膚を吸引して伸ばす事で表皮部分のメラニン色素が散らばって毛根部分に集中してダメージを与える事ができる様になっています。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

ちゅ~ちゅ~吸われるの。

ETハンドピースは照射面積が9×9mmで、VIOや顔など面積の小さい部分の施術に向いていて照射と同時に冷却する機能が備わっています。

ベクタス

ベクタスの最大の特徴は「スキンテル」と呼ばれるメラニンリーダーで肌のメラニン色素を計測して最適なレーザー出力で脱毛が行える所です。

一般的な脱毛機では出力レベルの設定は施術者の目測で行うので脱毛効果や安全性は施術者の経験と技量に左右される事になります。

肌のメラニン色素は紫外線などの影響で場所によって常に一定ではないため施術する度に細かいチェック・調整が必要であり、最適な出力レベルを設定しなければ最悪火傷を起こすリスクもあります。

ベクタスの場合は最適な出力で施術が出来るので安心です。

蓄熱式:ダイオードレーザー

蓄熱式ダイオードレーザーは脱毛の仕組みから施術方法まで今までの脱毛機とは全く違う新しいタイプの脱毛機です。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

最大の違いはメラニンを直接のターゲットにせずに皮膚を全体的にゆっくり温める事で毛根ではなくバルジ領域の幹細胞を変性させる事にあります。

照射方法も肌を滑らせる様に連続的に同じ部位を3回から6回程度重ね打ちしていきます。

メディオスターNeXT PRO

毛根よりもより浅い位置にあるバルジ領域をターゲットとしている為とても痛みが少ないのが特徴です。

メディオスターNeXT PROは810nmと940nmの2種類の波長を同時に照射する事で広範囲に蓄熱しより効果的に脱毛を行う事ができる様になっています。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

メラニン色素に関係ない方式なので黒くない産毛にも効果的と言われているよ。

他の脱毛機に比べて低出力のレーザーの為アトピーのような肌の弱い方や日焼けした肌(赤みが落ち着いてから)でも施術が可能です。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

ただ良い事ばかりでもなくデメリットとしてよく言われるのが即効性がないという事です。

通常の熱破壊式の脱毛機の場合は施術後1~2週間ほどでポロポロと毛が抜けてきますが、メディオスターNeXT PROの場合はバルジ領域にダメージを与えるのでレーザーの影響で毛が抜け落ちると言う事がありません。

自然と抜けた後で生えてこなくなるというイメージです。

脱毛効果が人によって差があるとも言われていますが、まだ新しい脱毛機なので沢山の検証データがある訳ではないと言うのがちょっと不安なところです。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

最終的な脱毛効果は熱破壊式と同じって言ってるけど実感できるのはまだまだ先になるのね~。

ソプラノアイス・プラチナム

ソプラノアイス・プラチナムは毛包をターゲットとして出力の低い光を連続で照射し毛包に熱を蓄え、毛根よりも上部にあるバルジ領域に熱ダメージを与える「SHR方式」(蓄熱式脱毛方式)を採用しています。

そしてソプラノアイス・プラチナムの最大の特徴が755nm、810nm、1064nmの3つの波長のレーザーを同時に照射する事ができる点です。

この3つの波長を出力する事で浅い場所から深い場所まで様々な箇所にある毛を脱毛する事ができるんです。

ただあまり導入しているクリニックが多くないので実際にお目にかかる機会はそれほど多くないかもしれません。

熱破壊式と蓄熱式の比較

ココまで色々な脱毛機の特徴を見てきました。

最も実績のある「ジェントルレーズプロ」と最新の「メディオスターNeXT PRO」を比較してみましょう。

ジェントル
レーズプロ
メディオスター
NeXT PRO
脱毛方式熱破壊式蓄熱式
波長755nm810nm
940nm
スポットサイズ12×12mm
18×18mm
10×14mm
10×30mm
24×38mm
痛み強い少ない
即効性感じやすい感じにくい
濃い毛反応する反応する
産毛
反応しない反応する
日焼け肌
NGOK
施術時間
普通速い

まとめ:脱毛機を指定できる所もある

同じレーザー脱毛でも結構違いがあるんだなという事がおわかり頂けたかと思います。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

クリニックによっては複数の脱毛機を導入していて、その人に合わせて使い分けたり本人の希望によって選べる所もあるようです。

脱毛機の特徴を理解してお好みの脱毛機で施術してもらった方がより効果を実感できて満足感を得られるかも。

コメント