20代から薄毛(AGA)治療を始める5つのメリットを教えます

AGA

10代や20代の若い方の中にも薄毛(AGA)で悩んでいる方は一定数います。

60歳で薄毛(AGA)になるのと20歳で薄毛(AGA)になるのは、同じ薄毛(AGA)ですが深刻度が全然違います。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

フィナステリドなどのAGA治療薬は未成年には処方しないと言うルールになってるけど、その方の状況によっては残酷なルールになっている事もあるよね。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

今回はそんな若い方に聞いてほしい、そして私が伝えしたい内容になっています。

スポンサーリンク

まずはAGAか確認

以前行われた「薄毛(AGA)の方がどのくらいいるのか?」と言う統計を見ると20代の方の発症率は10%以下、それ以降30代20%、40代30%、50代以降40%以上だったそうです。

という事は10代の方の発症率は20代の方よりも低いですから数%しかいない事になります。

にもかかわらず10代・20代で薄毛(AGA)に悩んでいる方の数はとても多いのは「気にしすぎ」って事も私はあると思います。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

一度「俺って薄毛かも・・・」と思ったら気になりだして薄毛に見えてくると言う人間の心理もあるかもね。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

「コレってAGAでしょうか?」って言われて見てみると「全然薄くなってないじゃん」と言う方も結構多いんです。

自分がAGAかどうかを見分けるポイントが3つあるので、まずは自分が当てはまるのかどうかをチェックしてみましょう。

M字・つむじが薄くなる

AGAの場合はおでこの両サイドの髪が抜けて生え際がM字になっていくパターンと、頭頂部のつむじの辺りの髪が抜けて薄くなっていくパターンがあります。

この2つを組み合わせた場合もありますが、それ以外の部分が薄くなっていたりハゲたりしている場合はAGAではない可能性があります。

ゆっくり進行している

AGAの進行はとてもゆっくりです。

AGAの場合は何年もかけて進行していくので、仮に「2~3か月で急にハゲてきた!」って時はAGAではない事があります。

その場合は他の脱毛症の可能性が高いです。

髪が短く細くなっている

AGAクリニックに行くとマイクロスコープで頭皮や髪の毛の状態を見てもらえます。

すると側頭部や後頭部の様な正常な所を見ると1つの毛穴から2~3本の髪の毛が生えている事が分かります。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

一つの毛穴から1本じゃないんだね。

でもM字部分や頭頂部を見てみると2~3本生えているような毛穴は少なくなっています。

更に短い毛や細い毛が多くなっていてAGAだという事がすぐに分かります。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

この短い毛や細い毛が多くなっている事はよ~く見てみると肉眼で見ても分かるのでチェックしてみましょう。

20代で治療を開始する5つのメリット

もし「自分はAGAだ」と確信してしまったら早いタイミングで治療を開始しましょう。

最初に若いうちにAGAになると深刻だと話しましたが、若いうちにAGAの治療を開始する事には大きなメリットがあります。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

ですから「若ハゲになっちまった・・・」と落ち込みたくなる気持ちもあるかもしれませんが、気持ちを切り替えて早いタイミングで治療を開始する事が重要です。

効果が早くでる

まず若いうちにAGA治療を開始する一番大きなメリットがこの「効果が早くでる」という事です。

AGAが進み切ってツルツルになってから治療を開始しても正直、生えるかどうかは分かりませんが20代のそれ程進行していない方の場合はかなり高い確率で治療効果が出ています。

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」の中でも40歳未満、重症度の低い方の方がより高い効果があったと書かれています。

20代の若い方の中には早いケースで薬を飲み始めて2~3か月しか経っていないのにハッキリと発毛している方が実際にいます。

副作用が出にくい

AGAがそれ程進行していない時は処方される薬の量が少ない事が多いです。

薬の量が少ないって事はそれだけ副作用が出る可能性も低くなるという事です。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

元々AGA治療薬の副作用が出る確率はそんなに高くないのですが、やはり確率が0じゃないって事は可能性があるって事ですから気を付けなくてはいけません。

安く済む

ある程度、治療効果がでてくると薬の量や飲む頻度をコントロールして髪の毛を維持する段階に移行していきます。

すると1か月あたりの治療費がかなり安く抑えられるようになる事があります。

AGAが進行してからこの段階に持ってくるのは時間もかかると思いますし大変なケースが多い様です。

周りに気付かれない

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

例えばもうツルツルになった方が治療を開始した場合、上手くいってフサフサになったとしても治療した事がスグにバレちゃうよね。

別に隠す事じゃないと言う方もいると思いますが、まだまだ薄毛治療しているって事を周りの方に知られたくないと言う方は多いと思います。

であれば「ちょっと薄くなってきた」ぐらいの時から治療を開始しておけば髪の毛が増えても気付く人はほとんどいないと思います。

充実した20代を過ごせる

どんなキレイ事を言っても最終的にここに繋がるんじゃないかなと思います。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

やはり若ハゲだと自分に自信が持てないと言う方が多いと思いますし、ハゲはモテないってのは誰も異論がないと思います。

髪が増えるだけで自分に自信が持てるし、オシャレをしたり充実した20代を過ごせる可能性が広がると思います。

まとめ:悩んでるなら変えてみよう

20代の早いタイミングで薄毛(AGA)治療を開始するメリットがこれだけあるなら、悩んでいないで自分で変えてみましょう。

ヒゲリーマン
ヒゲリーマン

まずは無料カウンセリングへ行ってみるとモヤモヤがスッキリするかもしれませんよ。

治療にはお金が沢山かかりそうと言うイメージがあるかもしれませんが、最近は選択肢も増えてきているので無理なく始める事ができる様になってきています。

ヒゲ先輩
ヒゲ先輩

グリーンクリニックなんかはその良い例だと思います。

無理な勧誘もないので色々聞いたうえで治療を始めるか様子を見るかは選べます。

まずは話を聞いてみましょう。

コメント